睡眠.com

上質な睡眠のためのお役立ち情報です。

睡眠の悩み

生理前の眠気・だるさ:それはしたたかな女の習性だった!

生理前は眠気が強く、体がだるくなり、活動的になれません。生理周期にコンディションが影響されるのはつらいですね。でも、生理前の眠気の理由を知れば、したたかな女の習性に驚いてしまいますよ!

寝不足だとイライラしてしまう理由

寝不足の日は、いろいろなことがかみ合わず些細なことでもイライラしてしまいます。寝不足は自分が思っている以上に脳にダメージを与えてしまっているのです。

睡魔に強くなる方法!これができればあなたの能力は200%パワーアップする!

睡魔に強くなる方法!これができればあなたの能力は200%パワーアップする! 会議やパソコンワーク、授業中などすぐに睡魔に襲われる人は、仕事の効率が低下しがちですね。睡魔の謎を解き明かし、睡魔に強くなる方法を実践できれば、今よりもあなたの能力は…

アイマスクの効果:青い光で眠りにいざなうアイマスクとは?

アイマスクの効果:青い光で眠りにいざなうアイマスクとは? 現代人は交感神経の働きが乱れ、寝つきが悪くなっています。そんな悩みをすくってくれるアイマスクがあるのを御存じでしょうか?このアイマスクは青い光で自然に瞑想状態に導き、副交感神経の働き…

腰痛を改善するマットレスの選び方

腰痛の原因にはいろいろあります。どんな原因の腰痛でも、共通しているのは「マットレスなど寝具選びが腰痛の痛みを改善するカギ」だと言う事です。

腰痛改善に効果的な抱き枕のおすすめの形は?

腰痛の方は抱き枕を使うと劇的に腰痛が楽になります。抱き枕に抱き着いて眠ることで通常の横向き寝よりも局部的な身体の負担を減らすことができるからです。抱き枕にもいろいろな形があります。腰痛改善に効果的な抱き枕の、おすすめの形をご紹介します。

寝返りしやすい枕の選び方

人は一晩に20回~30回寝返りをうちます。自然に寝返りをうつためには枕の選び方がとても重要になります。寝返りは身体にとってとても大切な役割を果たしています。自然な寝返りを妨げてしまうと身体の様々な場所に不具合が出てしまいます。

緊張して眠れない時にやってはいけないこと

休日の前の夜はぐっすり眠れるのに、次の日仕事だと思うだけで眠れないなど緊張による不眠に悩む人は多いようです。ベッドに入ってすぐに眠りにつけないとどんどん焦ってさらに寝つけないという悪循環にもなりがちです。緊張感で眠れない夜に、不眠をさらに…

緊張して眠れない時にするといいこと

緊張して眠れない時にするといいこと 新しい生活を始めた人は特に、緊張して眠れないということに悩まされているのではないでしょうか?眠れないと明日の仕事に影響が出るのではないかと思うと、さらに眠れなくなってしまう。そんな悪循環から抜け出す方法を…

むずむず脚症候群|足がむずむずして眠れないのは睡眠障害です

夜になると足がむずむずしてきて、気になって眠れない。そう言った症状に悩まされている人は多いようです。でも、「気にしすぎるから」と我慢している人も多いのではないでしょうか?夜に足がむずむずするのはむずむず脚症候群という睡眠障害で、治療する事…

周期性四肢運動障害とは?寝た気がしない原因は周期性四肢運動障害のせいかもしれません

周期性四肢運動障害とは?寝た気がしない原因は周期性四肢運動障害のせいかもしれません 周期性四肢運動障害は眠っているときに手足の筋肉が収縮する病気です。筋肉が収縮すると覚醒反応が起こり、眠りの質が悪くなります。そのため、「夜の睡眠は十分なはず…

光療法器具(高照度光照射装置)と光目覚ましとの違い

光療法は睡眠障害やうつ病の改善に効果があると最近注目されている治療方法です。治療に使う光療法器具(高照度光照射装置)はアマゾンや楽天市場でも購入することができます。しかし、光療法で検索すると、どちらのサイトでも光療法器具(高照度照射装置)…

高照度光照射療法で睡眠障害を改善しましょう

高照度光照射療法は光療法とも呼べれ、睡眠障害やうつ病の改善に効果が認められています。睡眠に深く関係のあるメラトニンというホルモンの分泌は光と深い関係があります。高照度光照射療法は強い光を意図的に浴びることによってメラトニンの分泌をコントロ…

起きれない・・・。概日リズム睡眠障害を改善する方法

概日リズム睡眠障害は、体内時計のリズムが乱れて起こります。概日リズム睡眠障害を改善するためには、根気よく体内時計のリズムを戻していく必要があります。

起きれない・・・。それは概日リズム睡眠障害かもしれません

「朝起きれない」=「怠け者」というイメージがあるかもしれません。でも寝つきが悪く朝起きれない、早く眠ったのに朝起きれない。無理やり起きると頭痛や吐き気がする。こういった症状は、「概日リズム睡眠障害」という睡眠障害のせいなのかもしれません。

早朝覚醒にはセロトニンの合成を助けるサプリメントがおすすめ

睡眠障害の中でも早朝覚醒型の不眠症は、慢性的なメンタル面での不調と体内リズムの乱れが原因です。セロトニンは情緒を安定する為にとても大切な成分です。また、睡眠のリズムをコントロールしているメラトニンの原料にもなっています。早朝覚醒を何とかし…

朝早く目が覚める・・・。早朝覚醒の対処法は?

予定していた時間よりも2時間以上早く目が覚めてしまうのが早朝覚醒です。体内時計の乱れや環境を改善すると、早朝覚醒の症状も改善することができます。

朝早く目が覚めてしまう・・・。早朝覚醒の原因は?

起きる時間よりも2時間以上早く目が覚めたのに、もう一度眠りにつくことができないということはありませんか?朝早く目が覚めてしまうのは早朝覚醒型の不眠症なのかもしれません。

水溶性キトサンはストレスによる精神的ダメージを緩和し安眠に導いてくれます

水溶性低分子キトサンはストレスによる精神的ダメージを緩和し安眠に導いてくれます ストレスは寝つきを悪くしたり、眠りを浅くしたり、中途覚醒後の寝つきを悪くしたりと、睡眠に大きな影響を与えます。今の世の中でストレスを完全になくしてしまうことは難…

夜中に目が覚める中途覚醒の改善方法

夜中に目が覚めてしまうことが頻回にあると、睡眠の質が下がってしまいます。中途覚醒が起こるのは睡眠に落ちてから3時間後か4時間半後、本来ならばぐっすりと深い睡眠に落ちている時間です。

夜中に目が覚める・・・。中途覚醒の原因はなに?

寝つきは良いのに夜中に目が覚めてしまう。こういった症状に悩まされていませんか?夜中に目が覚めることを「中途覚醒」といいます。中途覚醒の原因にはストレスや自律神経の働きが関係しています。

「寝つきが悪い」の解消法の鍵はメラトニンにあった!

「寝つきが悪い」の解消法の鍵はメラトニンにあった! 寝つきが悪くて困っている人は、体内時計が乱れている可能性があります。体内時計にはメラトニンという物質が深く関係しています。「寝つきが悪い」という困った状態を解消する鍵は、メラトニンが握って…

「ストレスで眠れない」を解消する方法

「ストレスで眠れない」を解消する方法 ストレスを感じると気持ちが沈み、疲れやすくなったり集中できずぼーっとしてしまいがちです。疲れているのに、寝つけない、眠りが浅いということはありませんか?それはもしかしたら、セロトニンが不足しているせいか…

眠れない人のために|自律神経を整えてぐっすり眠る方法

眠れない人のために|自律神経を整えてぐっすり眠る方法 寝つきが悪い原因に、自律神経の乱れが深くかかわっています。自律神経は交感神経と副交感神経がバランスよく働くことによって、人間の身体の覚醒と休養をコントロールしています。 健康で、よく眠れ…

入眠困難の原因|寝つきが悪いのには理由があります

布団に入ってから睡眠に入るまでの時間は、長くても20分だといわれています。布団に入ってから30分以上寝つけないような状態が連日続き、日中に眠気やだるさを感じているのなら、「入眠困難」と言われる状態です。「入眠困難」に陥るには原因があるのです。

眠れない・・・。不眠のタイプ診断

眠れない・・・。不眠のタイプ診断 日本人は諸外国に比べて老若男女とわず睡眠時間が短い傾向にあります。そして、働き盛りの40代の4人に1人は睡眠に対して何らかの不満を持っています。 眠れない、疲れが取れないという症状は、細かく見て行くといくつかの…

月曜日の朝の憂鬱を解消!月曜日の朝をすっきりと迎える睡眠術

月曜日の朝の憂鬱、その原因は睡眠不足にあります。休日の過ごし方を工夫すれば、月曜日の朝をすっきりと迎えることができます。

不眠恐怖症|眠れないことへの不安が引き起こす不眠症

不眠恐怖症|眠れないことへの不安が引き起こす不眠症 不眠症とは、睡眠の量や質が低下し、日中の倦怠感や眠気、集中力の低下など、日中の活動に何らかの悪影響が起こっている状態のことを言います。不眠症は細かく分類することができますが、中でも最も多い…

不眠症とは?

不眠症とは睡眠の質や量に問題があり、日中の活動に問題がある状態を言います。

睡眠不足を乗り切る栄養ドリンク お奨めはなんといってもユンケルスーパー皇帝液Ⅱ

睡眠不足の強を乗り切るために栄養ドリンクは必須アイテムです。お勧めの栄養ドリンクをご紹介します。

睡眠不足の解消 今日この睡眠不足を乗り切るための8つの方法

今日の睡眠不足を何とか乗り切るためのポイントを8個ご紹介します。

睡眠不足の症状は?

睡眠不足は、身体、脳の機能、心など様々なところの不調を招きます。