読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

睡眠.com

上質な睡眠のためのお役立ち情報です。

抱き枕のメリットと使い方を知って快眠を手に入れましょう!

抱き枕のメリットと使い方を知って快眠を手に入れましょう!

「抱き枕の存在を知っているけれど、何のメリットがあるんだろう?」「使い方がよく分からない!」という人は、とてももったいないことをしています。抱き枕を使いこなすと腰痛や肩こりなどの不調から解放されるかもしれません。いびき対策、妊婦さんの安眠、癒し効果など、抱き枕には使うメリットがたくさんあるのです。

 

腰痛・肩こり予防

腰痛や肩こりといった身体の不調と、睡眠中の姿勢はとても深い関係があります。そして、睡眠中の姿勢が崩れるのは寝具の不具合によるものです。身体に合わないマットレスや枕を使っていると、寝返りが上手く打てなかったり、身体の一部に負担がかかったりし、背骨や首の骨が不自然な状態になるのです。

 

起きているときには決してとらないような不自然な姿勢を続けていると、同じ場所ばかり圧迫されて血行障害になります。血行障害は肩や首、腰のコリの原因になります。また、背骨や首の骨が不自然な状態になることで骨格が歪み、痛みを引き起こします。

 

不具合を起こすような寝具を使い続けるとゆがみが固定化され、骨や神経の病気や内臓の機能低下を引き起こします。

 

ですが、寝具を買い替えるのは、お金がかかったり古くなった寝具の処理に困ったりしてなかなか実行しずらいものです。

 

それならば、抱き枕を一つ新調してみてはいかがでしょうか。

 

抱き枕は、睡眠中の不自然な体の圧迫やゆがみを防いでくれます。

 

横向き寝の人が抱き枕を抱いて寝ると、肩や腰の一部にかかっていた圧力が分散されて血行障害を防ぐことができます。また、大きな寝返りをしなくても、抱きついている手や足が動くことで自然に寝返りと同じ効果を得ることができるのです。

 

 

仰向き寝の人は、折り曲げた膝の内側に抱き枕を敷いておくと腰痛が改善されます。

 

いびきの改善

いびきは喉の周りの脂肪が気道を圧迫することで起こります。あおむけに寝ていると重力の影響で贅肉が気道に落ち込みやすくなります。

 

いびきをよくかく人は横向きに寝るといびきをかきにくくなります。横向きの姿勢だと、脂肪が重力によって垂れ下がっても気道を圧迫しにくいからです。

 

抱き枕を使うと、長時間無理なく横向きの姿勢を保ちやすくなります。

 

いびきは周囲の人の安眠を妨げるだけではなく、睡眠時無呼吸症候群の原因になります。いびきは、放置せずに早く対処したほうがよいですよ。

 

妊婦さんの安眠

妊婦さんのお腹が大きくなると、あおむけの姿勢がとりにくくなります。あおむけに寝るとお腹が内臓を圧迫し、苦しくなってしまうからです。

 

妊婦さんにおすすめの睡眠時の姿勢が「シムスの体勢」です。

f:id:komakosensei:20170109150053p:plain

 

「シムスの体勢」は左側を下にした横向き寝の姿勢です。左足を後ろにひくと体が安定します。

 

「シムスの姿勢」をとる時に、足の間に抱き枕を挟むと「シムスの姿勢」を楽に維持することができます。妊婦さんの腰痛を軽くしてくれる効果もあります。

 

癒し効果

抱き枕に抱きつくと、とても安心した気持ちになります。抱きしめた時に身体に伝わる感覚や抵抗が、自分自身の存在をより強く認識させてくれるからです。

 

抱きしめてくれるのが大切な人ならもっと癒されるのかもしれませんが、安眠の為なら抱き枕の方が効果的なのかもしれませんね。

 

このように抱き枕にはメリットがたくさんあります。横向きねの人も仰向き寝の人も、妊婦さんもそうでない人も、抱き枕を使ってみることをおすすめします。

 

↓↓おすすめの抱き枕はこちらです。

 

スポンサードリンク