読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

睡眠.com

上質な睡眠のためのお役立ち情報です。

早朝覚醒にはセロトニンの合成を助けるサプリメントがおすすめ

f:id:komakosensei:20160308215124j:plain

 

早朝覚醒にはセロトニンの合成を助けるサプリメントがおすすめ

「あまりにも早く目覚めてしまって、その後寝つくことができない。」こういった症状にお悩みの方は、「早朝覚醒型の不眠症」なのかもしれません。

 

早朝覚醒型の不眠症は、慢性的なストレスで心が不安定になったり、体内リズムが乱れたりして起こる不眠症です。

 

早朝覚醒型の不眠症に大きく関係しているのが「セロトニン」です。

 

セロトニンは情緒を安定する為にとても大切な成分で、睡眠のリズムをコントロールしているメラトニンの原料にもなっています。

 

朝早く目覚めてしまうという辛い症状を確実になおすのならば睡眠薬の服用が一番効果的です。

 

早朝覚醒型の不眠症に効く睡眠薬は精神科のクリニックに行って処方してもらうことをおすすめします。寝つきをよくするタイプに比べ、早朝覚醒型の不眠症に効くお薬は精神科の専門医に処方してもらった方が安全で確実だからです。

 

睡眠薬に頼りたくないという方は、サプリメントを利用するとよいでしょう。早朝覚醒を何とかしてくれるサプリメントをお探しならば、セロトニンの合成を助けるタイプのサプリメントがおすすめです。

 

セロトニンとは?

セロトニンというのは、脳内の信号を伝達する「脳内伝達物質」の一つです。脳内伝達物質ではドーパミンやノルアドレナリンが有名ですね。

 

ノルアドレナリンは神経を興奮させやる気を出させる作用があります。その一方で、不安や恐怖とも深い関係があり、ストレスホルモンとも呼ばれています。

 

ドーパミンも脳内伝達物質の一つです。ドーパミンは興奮を促し、人を活動的にさせます。何かを始める時の動機づけにもドーパミンが作用しているのです。

 

どちらも人が活動するときにはとても大切な物質です。しかし、過剰に働きすぎすると、過食やギャンブルに走りやすくなるなど、問題行動が起こることが分かっています。

 

こういった覚醒系の脳内伝達物質の働きをコントロールしているのがセロトニンです。セロトニンは脳内伝達物質をコントロールして情緒を安定させます。

 

セロトニンは睡眠にもとても重要な働きをしています。セロトニンには日中に交感神経を活発化させる作用があります。交感神経が活発に働くことによって、人は日中生き生きと元気に活動できるのです。

 

また、セロトニンは睡眠をコントロールするホルモン「メラトニン」に変化していきます。メラトニンは朝日によって体から消失し、夜に向かって一定量まで増えていきます。メラトニンが一定量になると、体温調節機能が働き体が眠りにつく態勢を整えていきます。

 

セロトニンが生体に十分な量分泌されていると、情緒が安定し、ストレスに負けず、活動的な毎日を送ることができます。日中の活動で適度につかれることと、メラトニンの働きで睡眠のリズムが規則正しく刻まれることにより、質の高い眠りを維持することができます。

 

セロトニンが充分な量分泌されてさえいれば、早朝覚醒に悩まされることは無いのです。

 

セロトニンの合成を助けるおすすめのサプリメントはこれ

早朝覚醒に効果のあるサプリメントは、セロトニンを効果的に合成する作用を持っているものです。

 

もしも早朝覚醒を改善する為に睡眠薬を利用するとしたら、どのような薬を処方されるでしょうか。睡眠薬には、超短期型、短期型、中期型、長期型の4種類があります。超短期型と短期型は寝つきが悪いタイプの不眠症に使用します。中途覚醒や早朝覚醒には、効き目が長く続く中期型や長期型の睡眠薬を使うことになります。

 

早朝覚醒を改善するのは、寝つきが悪いタイプの睡眠障害よりも難しいといえるでしょう。寝つきが悪いタイプの睡眠障害であれば、リラックス効果や副交感神経の働きを促すような効果のあるサプリメントで眠気を誘うことができればOKです。

 

しかし、早朝覚醒を改善しようとすると、根本的な睡眠リズムの改善と、ストレスケアが必要です。睡眠薬のように長時間効果を発揮するサプリメントはありません。サプリメントに求められるのは、セロトニンの合成力とストレスケアに対する実力、そして安心して飲み続けられる安全性です。

 

セロトニンの合成を助けるサプリメントの原料は、セントジョーンズワートやラフマ葉エキスといった天然ハーブを使用したものが主流です。この2つのハーブを比べると、ラフマ葉エキスの方が断然安全性に優れています。セントジョーンズワートはうつ病治療効果は高いのですが、副作用の心配や薬剤への影響が大きいのです。

 

睡眠不足や、セロトニン不足になると脳の血流が減り、頭がぼーっとして忘れっぽくなったり、頭が思うように働かなくなります。また、ストレスは身体や脳に常に緊張状態を強いてしまい、自律神経の働きを乱してしまいます。自律神経が乱れると血管が収縮し、脳に送られる血流も悪くなります。

 

全身の血流や代謝が上手く行っていなければセロトニンは効率よく合成されません。それに、物忘れなど脳の機能不全に伴う自覚症状は心を不安にし、さらに抑うつ状態を強めてしまいます。

 

サプリメントの成分の中に、不安を和らげ、リラックス状態に導くギャバや、血液をサラサラにし血液循環をよくするイチョウ葉エキスやEPAなどの成分が含まれているとよいですね。

 

精神的なサポートと、血流を良くして全身状態を整えながら、セロトニンの合成を促進することができ、より早くから心身ともに楽な状態にしてくれるでしょう。

 

>>おすすめのセロトニン サプリ はこちらです。

  

 

 スポンサードリンク