読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

睡眠.com

上質な睡眠のためのお役立ち情報です。

涼しい抱き枕で夏も快適に腰痛対策を!「クールレイ」で冷房いらず!

f:id:komakosensei:20160710221031j:plain

涼しい抱き枕で夏も快適に腰痛対策を!「クールレイ」で冷房いらず!

腰痛対策には抱き枕が有効です。「でも、熱帯夜に抱き枕を抱いて寝るのはちょっと・・・。」という方に朗報です。「クールレイ」という素材を使った抱き枕なら、抱いているほど体を冷やしてくれて腰痛にも良く、冷房もいらなくなりそうです。

 

夏の抱き枕選び

抱き枕で腰痛が改善することを実感している人にとって、夏は悩ましい季節です。抱き枕に抱きついていると、身体と枕の間で熱がこもってしまって、暑いし蒸れるし・・・。

 

いつの間にか抱き枕は布団の外に蹴りだされてしまい、朝になって腰の痛み、重さやだるさに悩まされるのではないでしょうか。

 

抱き枕を一晩中抱いて寝ようと思うと、冷房をかなり効かせておかないといけません。そうすると、体がだるくなったり、冷えて関節が痛くなってしまうかもしれません。

 

高い電気代と、体調不良。それほどの代償を払っても、抱き枕を抱いて寝たほうがいいのか…。

 

そんな腰痛持ちの方のために、たくさんの種類の冷感抱き枕が販売されてるのを知っていますか?身体に触れると涼しく感じる素材を使っているので、触るとひんやりして気持ちがいいですよ。

 

使われているのは、東レのドライアイスいう素材が多いですね。このドライアイスという素材は、線維が肌に触れる面積を広くすることによって熱の移動量を多くしたり、汗による熱の発散を増やしたりして、すずしさをキープしてくれるようです。

 

ドライアイスはとても優れた素材なのですが、抱き枕にはちょっと役不足です。抱き枕は、ふかふかのワタがたっぷり入っています。感触が良い抱き枕程、抱き枕の内部に熱を閉じ込めてしまうことになります。

 

すると、ドライアイス生地がどんなに頑張っても、抱き枕本体の熱が勝ってしまうのです。

 

抱き枕の中では抜群の人気を誇る「王様の抱き枕クール」でも、このような注意書きがついています。

当商品は、清涼感・ひんやり感のある機能生地「東洋紡社製ドライアイス®」を使用しているため、商品名に「クール」という名前がついておりますが、冷却効果やひんやり効果を保証するものではありません。
一般的な生地に比べ、サラサラ感・ひんやり感はありますが、中素材である超極小ビーズが、そばがらやパイプ素材に比べて熱を持ちやすい素材であるため、全体的・総合的には清涼感の優位性はありません。
予めご理解・ご了承の上、ご検討お願い申し上げます。

「夏はやっぱり抱き枕は使えないのか・・・。」

 

と落胆するのはまだ早いですよ。

 

キシリトールって知っていますか?甘味料に使われているアレです。

 

キシリクリスタルという飴をなめたことがあるでしょうか? なめていると、口の中がひんやりとするでしょう?これが、キシリトールの力なのです。キシリトールの力を配合した「クールレイ」という素材を使った抱き枕は、夏の抱き枕の悩みを一気に解決してくれますよ。

 

快適温度をキープしてくれる最新素材「クールレイ」とは?

キシリトールは、糖アルコールの一種で、自然界に分布している安心安全な物質です。私たちが口にするキシリトールは樺の樹液やトウモロコシなどを加工して作られています。

 

キシリトールは人工甘味料などに使われていましたが、水分と結合すると熱を吸収する作用があるのです。この作用を利用して、冷感を感じる食品などが開発されていました。

 

クラボウは、この作用に目を付け、繊維の中にキシリトールを加工した「クールレイ」という素材を開発しました。

 

線維の中でキシリトールは寝汗などの水分に反応します。すると、周囲の熱を奪います。そして、キシリトールと結合した水分は素早く蒸発していきます。水分が蒸発するときに、熱を奪っていきます。打ち水をすると、水が蒸発するときに熱を奪っていくため涼しくなるのと同じ原理です。

 

抱き枕は身体に密着するだけに体と枕の間が体温や寝汗でどんどん蒸れていきますよね。

 

寝汗をかけばかくほど、蒸れれば蒸れるほど、キシリトールが働いて、涼しくしてくれます。

 

キシリトールを配合したクールレイ抱き枕は、まさに夏の抱き枕の弱点を逆手に取った製品なのです。

 

クールレイ抱き枕の詳細をぜひご覧になってください。

↓↓  ↓↓

 スポンサードリンク