読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

睡眠.com

上質な睡眠のためのお役立ち情報です。

睡魔に強くなる方法!これができればあなたの能力は200%パワーアップする!

f:id:komakosensei:20161002141504j:plain

 

睡魔に強くなる方法!これができればあなたの能力は200%パワーアップする!

会議やパソコンワーク、授業中などすぐに睡魔に襲われる人は、仕事の効率が低下しがちですね。睡魔の謎を解き明かし、睡魔に強くなる方法を実践できれば、今よりもあなたの能力は絶対パワーアップしますよ!

 

睡魔に襲われる理由

あなたが日中睡魔に襲われるときは、どのようなときでしょう?

 

あまり発言の機会のない会議中や、単純なパソコンワーク、授業が下手な教師が教鞭をとっている授業などではないでしょうか?

 

一見、重要な会議や授業を行っていても、あなたにとって興味がないと感じる時間が長時間続いている。

 

このようなシチュエーションではないでしょうか。

 

そんなとき、あなたの脳はどのような状態になっているでしょう。

 

脳は外部からの刺激を受け、分析し、最も安全で適切な行動をとるように命令し、その状況を記憶しています。同時にたくさんの情報を処理し、たくさんの情報を記憶しているのです。

 

ですが、身体を動かすわけではなく、生命に危機が訪れるわけでもなく、考える必要のないシチュエーションでは、脳はどのように働いているでしょう。

 

恐らく、するべきタスクが極端に少なくなり、脳はとても退屈しているのではないでしょうか。

 

前述したとおり、脳は常に忙しく働いています。そして、とても疲れています。必要なときに必要な働きをするため、脳は隙があれば休もうとします。

 

脳の休息=「睡眠」です。

 

そうです。

 

脳が「仕事がない、暇だ。」と感じ、休息をしようとする時がまさに「睡魔に襲われるとき」なのです。

 

睡魔に強くなる方法は?

睡魔に襲われないようにする方法は実はとても簡単なことなのです。

 

脳に「暇だ」と思わせなければよいのです。

 

自分に発言の機会が無かったとしても、会議の内容に興味を持ち、必要なメモを取る。なんなら、手を上げて意見を言っても良いでしょう。「積極的な社員だ!」と評価が上がるかもしれません。

 

教師が下手な授業をしていても、その中で授業のポイントを探すように心がけるとよいかもしれません。

 

会議や授業は、後から「こんな内容の事だった。」とその場にいなかった人に説明できるよう、内容を理解するということを目標にするとよいですよ。要点を掴もうとすると、脳はとても忙しく働かなければいけなくなりますから。

 

退屈なデスクワークなら、制限時間を設けて時間内にどれだけの作業をこなすのか目標を設定しても良いでしょう。ゲーム感覚で、わくわくしながらデスクワークをこなすことができるかもしれません。

 

要は、退屈だと思われる内容でも、意欲的に、わくわくしながら取り組めば、脳は退屈しないのです。楽しいと感じていれば、どんなに疲れていても睡魔はやってきません。

 

こんなふうに脳に暇を与えない働き方をしていれば、あなたの能力は今の杯以上発揮できるのではないでしょうか?

 

 

たった2分で、やる気を上げる本。―君の「闘う心」を呼び覚ます63の言葉のカンフル

たった2分で、やる気を上げる本。―君の「闘う心」を呼び覚ます63の言葉のカンフル

 

 

スポンサードリンク