読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

睡眠.com

上質な睡眠のためのお役立ち情報です。

腰痛を改善するマットレスの選び方

f:id:komakosensei:20160523222922j:plain

腰痛を改善するマットレスの選び方

腰痛の原因にはいろいろあります。神経や骨が原因になっている人、内臓の病気が原因になっている人、あるいは、病院で診察を受けたもののはっきりとした原因が分からない人もいるでしょう。

 

どんな原因の腰痛でも、共通しているのは「マットレスなど寝具選びが腰痛の痛みを改善するカギ」だと言う事です。

 

睡眠という無意識の状態で背骨や背中の筋肉に負担がかからないようにするのとしないのとでは、痛みの度合いがかなり違ってくるのです。

 

腰椎の構造

背中の骨は24個の小さな骨が重なってできています。一つ一つの骨は微妙に大きさや形が違っていて、それぞれの骨に決まった筋肉がついています。骨と骨の間には、椎間板というクッションが挟まっていて、骨にかかる衝撃を和らげています。

 

背中をまっすぐにのばしていても、背骨はまっすぐには伸びません。背中は横から見ると緩やかなS字カーブを描いています。

 

腰痛が起こる理由

腰痛が起こる理由には、明らかな原因があるものとないものの2種類に分かれます。

 

明らかな原因のある腰痛は、椎間板ヘルニアなどの骨や神経といった構造に異常があらわれている場合が多いでしょう。

 

クッションの役割をしている椎間板が加齢で柔軟性を失って失ってしまったり、外部からの圧迫で椎間板の内部が飛び出てしまう椎間板ヘルニアや、転んだりしりもちをついたときに腰椎がつぶれてしまう腰椎圧迫骨折などが代表的です。

 

骨や神経に明らかな理由がなくても、急激な動きでぎっくり腰という状態になることもあります。

 

でもじつは、腰痛の8割は明らかな原因やきっかけのない慢性的な腰痛なのです。

 

腰椎の中でも、第4・5腰椎には大きな負担がかかりやすくなっています。ちょうど、おへその真後ろのやや下あたりです。この場所には、上半身の重さがかかりやすいのです。

 

重いものを持ったり、体をひねった時に負担がかかりやすい場所なのですが、構造的にもろくゆがみを引き起こしやすい場所です。

 

デスクワークで長時間働いている人の腰は、長時間上半身の重さを同じ位置で支え続けています。猫背の人や、身体にゆがみがある人は特に不自然な形で背骨に負担がかかります。

 

身体が歪むと左右の筋肉が不均衡になって行きます。筋肉の短縮や力の不均衡が起こると骨にかかる力が左右均等ではなくなり、強い方に引っ張られます。それでさらに体が歪んでいきます。

 

腰痛が起こらない寝方

身体のゆがみの原因はいくつかあります。いつも同じ肩にカバンをかけている、足を組む、同じ方にばかり体重をかけるなど。

 

寝ているときの姿勢も身体のゆがみに大きな関係があります。

 

柔らかい布団で寝ていると、身体の重たい部分が深く布団に沈み込み、背骨のS字カーブが崩れてしまいます。

 

固い布団に寝ていると、肩や腰など出っ張っている部分が圧迫されて血行不良になります。

 

寝返りはこのような状態で長時間同じ場所に負担がかかり続けることを予防しています。しかし、寝返りをうちにくい寝具は身体のゆがみや圧迫による血行不良を引き起こしてしまいます。

 

腰痛をおこさないように寝ようと思ったら、身体が自然な形で横たわるようにし、伸び伸びと寝返りと打たなくてはいけません。

 

腰痛が起こらないマットレスの選び方

そこで大切になってくるのが寝具の選び方です。とくに、マットレスの選び方はとても大切です。

 

身体を支える

柔らかくて体を包み込んでくれる低反発素材は、腰痛の方にはお勧めできません。体が沈み込むことで、背骨のS字カーブが崩れてしまうからです。

 

腰痛の方には、しっかりとした厚みがあり、沈み込まないがっちりとした固さのある高反発マットレスをおすすめします。

 

ここでポイントになるのは、ただ単に高反発なだけではなく、身体の部位に対して適切な硬さであるかどうかです。

 

身体が布団に与える重さで最も重たい場所がお尻です。続いて頭・膝・足になります。肩は最も軽い場所です。それぞれの場所を均等に支えていても、背骨は自然な形を保つことができません。

 

マットレスには身体の部位にあった固さが求められます。つまり、肩が当たる場所は一番柔らかく、お尻が当たる場所は一番固いというような。

 

寝返りが打ちやすい

そして大切なのが、「寝返りが打ちやすいマットレス」であるということです。

 

高反発でしっかりと体を支えてくれるマットレスは、寝返りをサポートしてくれます。逆に、低反発のような沈み込むタイプのマットレスでは、寝返りをうつのにエネルギーを必要とします。

 

健康な体の方ではあまり意識しないかもしれません。しかし、寝返り一つうつにも腰が痛くなるような重度の腰痛の方や、筋力のない高齢の方にとっては、大きな問題です。

 

寝返りをサポートしてくれる高反発のマットレスで一晩寝ると、「ぐっすりとよく眠れた!」ということを実感できるでしょう。それは、マットレスの力で自然な寝返りが打て、深い眠りを維持できたからです。

 

身体の重さに合わせて固さの違う、しっかりとした厚みのあるマットレス。探すのはなかなか難しそうですね。

 

↓↓おすすめのマットレスをご紹介いたします。ぜひ詳しくご覧になってください。

 スポンサードリンク